目指せ北米オンライン図鑑!

目指せ北米オンライン図鑑!

写真をクリックすると大きな画像で見れますよ。写真は大きく見るのが一番!

記事へのコメントは各記事へ。質問、疑問、間違い。どんどんお待ちしてます!!

管理人への質問、疑問等は右の書き込みからお願いします(・∀・)

2019年4月16日火曜日

アメリカミズバショウ。咲き乱れる!!!

今年の4月は雨の日が多いのですが、車を運転していると黄色いものが目に入ってきました!!
車を止めてみてみると~~~~~~~♪


湿地にもなっているこの辺りではあちらこちらでアメリカミズバショウが咲き乱れていました!!!!

日本でも低地では4月から咲くそうなので、同じ時期に色違いの水芭蕉が北米では楽しめるわけですねww

この辺りでは本当にあちこちで咲いてます。
車を駐車場に停め散策コースを歩くと...

道端に黄色い水芭蕉が沢山でした~♪
雨の降る中だったのでドロドロのトレイルですがお花はイキイキです!!


越冬していた鳥もだいぶ帰って来てました。
この辺りでは雨の日でも鳥見も楽しめそう~~~~~(^▽^)

Skagit Valleyの水仙

春のスカジットバレーに行ってきました。
チューリップが咲く前は水仙が一面を占めています!!!



色合い的にはチューリップよりも多彩さはないですが、それでも一面の黄色は素晴らしいの一言です♪♪


2019年4月5日金曜日

Cherry Blossoms 桜

2019年のカナダ西海岸は例年ないくらいの暖かい冬で花の開花もかなり早いそうです。

家の近くでも桜が綺麗に咲き誇ってました~♪
インフォメーションセンターの駐車場。ほかにもスーパーの駐車場やら一般の方のお庭やら、あちこちで桜を見かけます!!!


一重桜の種類のようですね。

もっと細かく種類を調べようかなと思ったら、桜の種類は野生、園芸種を入れると600種くらいあるそうです!!!
日本花の会では380種を紹介してます。

時間があるときにゆっくりと調べて見ます~♪

撮影はI-PHONEで(^▽^)

2019年3月31日日曜日

Stawamus Chief ハイキング

バンクーバーの北に位置するスコーミッシュ。
山と海に囲まれたこの町の人気のアクティビティーの1つがChiefと呼ばれる巨岩の上まで上がるハイキング。
Stawamus Chief州立公園はハイカーとクライマーが多い所として知られてます。私もよくここで登ってますww

今日はカナダ人、フランス人、ブラジル人、韓国人、イギリス人、日本人とインターナショナルなメンバーで歩きますw
(Stawamus Chief)
写真の右手の方から登っていきます。コース上には3つのピークがありますが、ほとんどのハイカーは一つ目までで終わりみたいです。

週末だったのでバンクーバーからのハイカーも多く混みあっていました。
そして最初はひたすら登り!!!
かなりきついですが、木々の中という事もあり直射日光がないのが助かります。休める場所もそこそこw

ゆっくりと歩いて1時間半ほどで1stピークへ。
ここからはHowe Sound(写真左手の入り江がそれ)と、それを囲む山並みが綺麗に見えました。
奥にはタンタラス連山の氷河も見えます。

ここでお昼を食べ2ndピークへ。
岩がむき出しなので雨の日は危険かも!途中クサリ場もありますし、はしごもあります!

2ndピークからの眺め。
左側に1stピークも見えますね。大きな切れ目がある為、まっすぐには来れないのでかなり迂回しないとになってしまいそこそこ時間がかかりました。

3rdピークより。
手前二つのピークが遠くに見えますw

ここからはスカイパイロット山がきれいに見えました♪

駐車場から駐車場まででおよそ5時間半ほどの行程でした。

3月にこんなに歩けるとは思ってもなかったので大満足です~~♪
でも、お花はなかったなぁ?
今度はお花を探しに出かけます!!!





2019年3月28日木曜日

Daffodil 水仙

日本では冬の間に見られるようですが寒いカナダではこれからがお花の時期になります。

春の代表的なお花の1つ水仙があちこちで見れ始めました。
こちらでは黄色が多いです♪

2019年3月27日水曜日

ミドリツバメ(Tree Swallow)

3月の頭、カナダ西海岸ではツバメが戻ってきました。

ミドリツバメは北米でよく見られるツバメさん♪この日はこの場所以外でも沢山のミドリツバメを見ました。


そんなミドリツバメさんですが、日本では1962年に北海道の襟裳岬で灯台にぶつかって亡くなった死体が確認された迷鳥だそうです。

Tree(木)という名は木の空洞(樹洞)等に営巣するところからで、生活圏は開けたあまり木の生えていないような所です。


今日は巣箱181番の脇にてカメラの練習を兼ねて飛ぶ姿を観察と撮影!!



燕尾は少しだけ切れ込みが入っているのがわかりますね。
ちなみに幼鳥の尾は切れ込みがないようです。


2019年3月24日日曜日

アメリカサンカノゴイ (American Bittern)

隠れ上手のこの子と初めて出会いました!!!

60-85cmほどの大きさがあるのにはじめは気が付けませんでしたw
体形、首から胸元の縦線の模様が湿地の水草の中で隠れるのに理にかなっているようです。



この場所にかなり長くいてくれたのでもしかしたら食事のための狩りをするのかな?とも思いましたが残念ながら見れず...

でも、狩りをするような素振りは少しw



身をかがめての忍者走り(笑)を水辺のへりで。
意外と一歩が大きい??

話をしたアメリカサンカノゴイさんを見に来ていた方の話だと先週もいたそうです。
調べてると囀りがなかなか興味深いとのこと。
テリトリー意識も強いようだし、暫くいてくれるのかなぁ~~?また会えるかなぁ~~~~?
囀りとかディスプレイとか見れるかな~~~~??


それにしてもイケメンです!
ステキな、そしてかなり伸び縮みする喉元がまた見たいです~~♪